日本デイリー通信社とは

日本デイリー通信社とは

日本デイリー通信社は、社会一般に実施公開された広告プロモーション活動の実態データと、その結果関連データを基にして、企業のマーケティング活動改善に寄与するデータの提供・分析解析の提供・システム提供を専門領域としています。

日本デイリー通信社のしくみ

日本デイリー通信社の主な業務

  • 広告データ作成からデータベース構築・提供(新聞、雑誌、TV、インターネット、屋外広告など)
  • 広告プロモーション活動のレポーティング(国内・海外)
  • 各種調査(Webアンケート調査、デスクサーベイ、海外情報収集など)
  • ネット上の情報収集・分析(ネット・クチコミ、WebLogなど)
  • 各種マーケティングデータや反応データを組み合わせた統合分析(市場状況、ブランド状況、企業状況など)
  • マーケティング活動の効果分析・推計・予測(多変量解析の適用)
  • データベース構築・運用や分析ツール開発

日本デイリー通信社の仕事の構造

これらの中核となっているのが、自社で作成・提供するオンライン広告データベース「日本広告統計(略称NAS)」であり、多変量解析能力であり、データベースから培われてきた Webコンテンツのハンドリング・ノウハウです。

日本デイリー通信社のしくみ

やっている仕事

雑誌・新聞広告収集、TV広告収集、広告データベース作成、広告データ提供(オンライン含む)、ネット広告収集、OOH広告収集、これらデータ(に外部データを加えた)の集計、加工、分析、マ―ケティング活動効果の推計、その他データベース構築・運用・分析、そのためのシステム構築など

利用する外部データ

テレビCMデータ、POSデータ、他社シングルソースデータ、クライアント様提供データ、WebLogデータ、ネットCMデータ、SNSデータなど

※コンフィデンシャル・データも厳重な管理の下で扱い ます

使用するシステム&アプリケーション

Excel、Access、SQL、MySQL、VBA、Hadoop、SAS、R、SPSS、PHPなど

※その他の形式もご相談ください

Copyright (C) 2014-2016 Nihon Daily Tsushinsha Co.,Ltd.All right reserved.