interview

本音で語る、マーケティング業務推進部

レポート作成の専門家たちに聞いてみました

社員紹介

  • K次長

    1998年4月入社

  • T次長

    2000年2月入社

  • O係長

    1993年7月入社

  • S係長

    2010年5月入社

  • O社員

    2014年4月入社

仕事の流れ

メインは購買データの分析集計です。属性情報がついた購買データがあり、それを集計することで、いつ・どこで・だれが・どんなところで・何を買っているのかを分析しています。
例えばあるブランドの好調要因があった時に、なぜ好調だったのかを分析したり、逆に不調だったらなぜ売れてないのかを分析しています。

S係長

営業では顧客のニーズを聞いて、ふわふわっとしている内容を形にして、作業設計を行いそれを現場に落としています。中を細かく管理しながら、できるだけ顧客満足の高いレポートを作るのがミッション。
管理側としては、現場と営業の対応をまとめたり、新しいプロジェクトのミーティングや管理用の資料作りがメインです。

K次長

私はレポート作成です。主に今は経常の作業を運用、効率化しているところになります。
スポット作業だと営業さんから来た依頼を、要望通りに作ります。広告統計データを使って集計したりグラフを作ったり。あと広告の絵や素材を貼ってまとめたレポートです。

O係長

私もレポート作成です。営業さんから来た依頼を内容を読み砕いて納品構成を考え、作業してくれる方に作業を送って、その都度確認しつつ一緒にレポートを作成することがメインです。
完成品の確認チェックをして営業さんに納品をするという流れです。

O社員

営業兼務とクライアントもしくは営業から来た依頼を現場に振っていくのが仕事のメインだね。
仕事の流れを作るのが主たるミッションで、その分人は見ているつもりではあるので、適正や、この人にこういう仕事をやらせてみたいとかを意識してやっています。

T次長

仕事を通しての意識・やりがい

仕事をする中で、どんなことに努力したり、意識してきましたか?

K次長

営業が長かったので意識してやっていたのは、できる限り誠実に向き合うこと。
顧客ニーズにこたえるために必要な知識があれば、多少なりとも勉強をして覚えるということをはこまごまやってきたかな。

S係長

僕は幸いなことにいろいろな領域に触れさせてもらってきたんですけど、ソーシャルや、WEBログ、購買データなどを。その都度慣れないものに触れる時にうまく受け止めて慣れていこう、順応していこうとしました。
新しものにぶつかったときにそれをかみ砕いて自分なりに理解していこうという努力はしてきました。
好奇心と順応です。

O社員

基本的なことですけど、報告・連絡・相談をしっかりすることですかね。
共有しなかったために無駄な作業をしてしまったりとかもあるので。
一人で仕事をするわけではないので、みんなとコミュニケーションをとって、一緒に仕事をしているという意識をもちながら仕事をすることが大事なのかなと思いますね。

難しい仕事にぶつかった時はどう切り抜けますか?

O係長

どなたかに相談します。パソコンを使わず、手で表を書いていた時代からやってきているので、パソコン周りのこととかをひとつひとつ学んできました。昔は「習うより慣れろ」でやってきたので、そういう面では疑問をどこにもっていけばいいのか分からず、難しかったです。でも今は相談できる人がいるので相談をして解決しています。

O社員

私は、今はパソコンでなんでも解決できるので、基本的に全部ググります。ググってもわからないことは聞きます。周りの人は皆さん優しいので、疑問を聞いたら教えてくれ対処できています。

T次長

その通りで、作法は調べたら何でもわかる。それを結果としてどのように見せるかってところがレポート作成上は1番難しいところな気がするね。それに対応していくにはいろんなレポートを見ていくしかないと思っています。「こういう見せ方してるのか」「こういう説明の仕方なのか」を学ぶことができるよね。それでもわからない部分は聞けばいいと思います。

この仕事のやりがいとはどんなところですか?

O社員

チームのみんなで一緒にお仕事をしているときにうまくいかないときもありますが、一緒に考えてなんとかひとつのものが出来上がったときにやりがいを感じます。
お客さんに完成したレポートを提出した後で、お礼の言葉とか、「すごく見やすく、わかりやすくて助かりました」っていう返事をいただいたときもやりがいをかんじています。

T次長

新しくできた部署に配属されたときが1番楽しかったかな。ある意味全く知らない世界にいきなり飛び込んで先方の方に聞きながら、自分でも学びながらやっていくってのは楽しかったです。
似たように、いきなりよくわからないデータを送られてなんとかしといてと言われたときは、考えながらやるから楽しいかな。同じようなことをやっているようだけど微妙に違ったりして、データが変われば見方も使い方も変わっているところがいいですね。

職場の雰囲気

T次長

おとなしいなというイメージはありますね。
もっと騒いでもいいかな。どちらかというと女性が力を持ってくれた方が部としてまとまるかなと。
なんとなく男はそれに引っ張られて自然にがんばる形になるから。
あとは単純に人数が多いなっていう(笑)
まぁでも仲が悪いとかそういうわけでもないし、チーム同士でぎくしゃくしたりも感じないので雰囲気が悪いわけではないよね。

最近の若手に関して思うことはありますか?

T次長

純粋に全体的に地頭はいいなと思いますね。 それこそPCやスマホに若いうちから触れるから、膨大な情報から必要な情報だけ集める能力が自然に身についているんだろうな。 僕らのころとは全然違いますね。若い子には無理難題言えば勝手に伸びるんじゃないかな、という思いがあったりはしています。(笑)

逆に苦しんでいるところなどはありますかね?

T次長

世代感は感じるけどね。どう接していいのかわからなかったりもなくはない。
仕事に関して考え方が違ったりもするし。僕らは団塊世代の子どもたちで、父親達がハードに働いているのを見てきているから、なんとなくそういう働き方をするんだろうと思っちゃうけど、今はそこまでじゃない。その辺の割り切りは今後必要になるんだろうな。

O社員

みんなで協力して仕事をする空気感はどのチームもありますよね。仲いい雰囲気というか、みなさん優しいですし、コミュニケーションもとってくれますし。会社全体で働きやすい雰囲気はあるんじゃないかなと思います。

K次長

あまりハードな感じじゃないから、昔よりも若手が自分の意見を普通に言って、それを聞き入れることができるような環境はできているかなと思います。随分話しやすく、フラットに会話ができる空気にはどんどんなってきているかなと思ってる。みんなのいろいろな意見を取り入れてよりいい形を模索するのにいい雰囲気かなと思ってるよ。

今後チャレンジしたいこと

S係長

僕自身は一つのことを突き詰めたいタイプなんですけど、会社ではいろいろなことをやらせてもらっているので、やってきたことをまとめて総合的にバランスを取りながら新しいことをやったりとか、今後相談を受けられる立場になれたらいいなと思います。

K次長

個人的には、VBAとかVBEを学んでいたりはしているんだけど、チャレンジしたい、するべきと思うのは、若い人の意見を取り入れやすい会社になってきているので、若い人の意見、既存の人の意見、いろんな話を聞きながら、よりいい会社にすることだったり、よりうまく回るようにすることかな。

O係長

私は今の仕事を続けていく上ではスキルアップですね。ずっとレポート課にいるのでほかの課も見てみたいとは思います。 データ作成とかは興味ありますね。

O社員

今はとにかく、今のチームが残業も長時間せず、スケジュールもうまく組めて、負荷のかからない仕事スタイルにできる環境をつくることですね。それ以外はその先の話という感じです。

求める人材

S係長

僕の仕事を全部やってくれるような、丸投げしてもOKな人(笑)それは無理な話ですが…まあ、そういう意味では臆さずなにごとにも挑戦してくれるひとがいれたらこの先どんどん会社としても広がっていくんじゃないかな。新しいことに挑戦してくれる人がいればいいと思います。

K次長

考えることをする人かな。何かが起きたときに、なぜだろう、どうしてだろうと要因をちゃんと考えていける人間がいいですね。データを出したら出しっぱなしではなくて、異常値があったらこれはなんで起きたんだろうと。スキル面はあるに越したことはないけど、その都度その都度学んでくれればいいかな。どの部署に行っても教えてくれる人はいるので。

K次長

今まで話したことではあるけど、いろいろ考えて動く人にとっては学ぶ機会を含めて、チャンスを与える優しい会社だし、様々な面で個人が成長できる会社だと思うので、自分がどう動くかも含めてよく考えて、頑張ってほしいと思います。

O係長

私のやっているレポート作成なら、丁寧な方がいいですね。最後までチェックしたりが苦にならず、最後までやり遂げられる方がいいです。

O社員

私もまじめな方が一番いいかな。スキルは覚える気があれば覚えるものだと思うので、コツコツ作業ができる人や、仕事中に言われたことを後で振り返って、自分の中で落とし込めて、次につなげられる、前向きな気持ちの方がいいですね。

T次長

どんな人材が欲しいかと言われたら「なぜ」が考えられる人だね。それぞれの作業に意味を持たせられる人。そういう人だとつっこまれてもちゃんと返せるということだと思いますし。スキルはあるに越したことはないけど、、、
興味を持って自分で調べて学ぶ姿勢がある人がいいですね。調べてわからなかったら誰かに聞いたりね。

最後に、これから入社してくる方へメッセージをお願いします

S係長

多分、思ったよりいい会社だと思います。自分が入った感じですけど。 そんなに肩に力を入れずに、リラックスした状態でも自分の力が出せる会社だと思います。

O社員

はじめは結構専門的な領域で覚えることもすごく多いと思うのですが、コツコツやっていけば身に付いていくと思いますので、がんばってください。

O係長

スキルよりやる気があればチャレンジさせてもらえる会社だと思うので、肩ひじ張らずに来てほしいですね。

Copyright (C) Nihon Daily Tsushinsha Co.,Ltd.All right reserved.