分析・解析・レポーティングサービス

マーケティング情報の統合分析から
リコメンデーションへ

広告そのもののデータに加えて、各種マーケティング活動に関するレポーティングを行います。
そのためのデータとしては、通常の統計データ、調査データ、ネット上にある関連するデータ、さらにはクライアントから頂く自社サイト閲覧関連データやトランザクションデータなどを用いる詳細な分析までを対応範囲としています。
それにより定量的・定性的な広告販促効果の把握が可能になります。
この高度な分析を用いることで、過去の実績分析が将来の施策への指針に変わるのです。

分析・解析・レポーティングについてよくある疑問にお答えします。

  • ブランド状況を市場変化や時代状況とともに分り易くまとめたい。出来ればその成長性も。
  • 自社サイトの効果を知りたいし、改善の方向も考える材料が欲しい。
  • ネット口コミのデータは「評判の善し悪し」以外にも、もっと役に立てられそうなのだが……
  • 広告が効いているのかどうか? もうちょっと明快に分る方法はないのだろうか?
  • 広告の媒体手段や地域配分を効率化したいのだが、良い指標はないのだろうか?

マーケティング関連情報収集・調査

ビジネスの状況を大きく市場からより詳細なデータまでを必要に応じて検討します。 今や多くの公開データを用いて、自社の持つデータと組み合わせることができます。

一般的に用いる
データ

  • 市場規模
  • 市場構造変化データ
  • 社会情勢・生活状況データ
  • ヒット商品・市場テーマ

デスクリサーチ

デスクリサーチやクローリング技術で、インターネットのサイト情報・海外データなどから、課題に対応した情報を収集・整理・レポートします。
また、新聞・雑誌・テレビなどのプレスリリ-ス、専門機関資料などのモニタリング調査、簡易調査を行い、テーマに沿った情報や指標を抽出、テーマを取り巻く状況をレポーティングします。

Web調査

外部調査実施機関をもちいて必要なインターネット調査を行います。
デスクリサーチ、アクセスデータ、トランザクションデータなどを補完して、消費者実態などをつかむのに最適です。

海外サイトリサーチ

日本国内のサイトだけでなく、海外のサイトも調査いたします。

マーケティング関連情報収集・調査
マーケティング関連情報収集・調査
例:トラッキング調査による効果測定
例:トラッキング調査による効果測定
週別の効果指標があると広告出稿量と対比してみることで、広告効果を検討しやすくなります。
長期間の継続データがあれば高度な多変量解析技術を用いて「いくら広告費を使えば、いくら購入意向率が上がるのか?」の計算も可能です。

広告コミュニケーションの評価には広告出稿期間での継続的な受容性調査が有効です。

例:海外サイトリサーチ
例:海外サイトリサーチ
例:市場規模の変遷
例:市場規模の変遷
例:消費支出構造の変化
例:消費支出構造の変化
ハードも含め、総支出は激減中。
アナログ機器の関連サービス支出は半分にまで縮小。
デジタル機器関連サービスの拡張が急務となっている。
例:ポートフォリオ分析
例:ポートフォリオ分析
市場やブランドの現状と将来性をみるときに、 ポートフォリオ分析がよく使われます。
現在の市場規模とその成長率を使ってエリアを分けることで、市場やブランドの 位置づけ、将来性が分かります。
更に、どのゾーンにいるかによって、次にやるべきマーケティング戦略の方向が 見えてきます。
例:市場の主要製品やサービスのトピックス
例:市場の主要製品やサービスのトピックス
  • マーケティング関連情報収集・調査
  • ソーシャルリスニング
  • 自社Webサイト分析
  • 広告効果分析/ROI
Copyright (C) 2014-2016 Nihon Daily Tsushinsha Co.,Ltd.All right reserved.