広告効果分析

広告効果分析

Webサイト誘導のあるテレビ広告効果の測定、キャンペーン別の広告貢献度の測定など、数々の課題に柔軟に対応しながら最新分析手法の経験を積み上げてきました。
例えば、広告販促活動により消費者の行動変化を引き起こすことに効いた施策要因やその広告貢献度を定量的に把握し、簡単な統計解析手法を適用するだけでも、その関連が明らかになることがあります。

売上金額や利益金額が不明であっても、消費者や顧客の反応を示す適切な指標データがあれば、数値的な効率比較ができます。どんな広告販促の投入がどのくらいの反応効果を上げたかを計算します。POSデータ、問い合わせ件数、契約数、入場者数などがよく使われるレスポンスの指標です。

広告効果分析 / ROI
広告効果分析 / ROI
例:適切な広告費をさがす
例:適切な広告費をさがす
累積広告費と累積クチコミ量の対比を行ったこの事例では、広告費aの前後で話題量増大がそろそろ頭打ちになっている。この時点で、広告表現の変更を行うなどのプロモーションの見直しをすることが効率的に見える。売上や知名率の変化を検討して、さらに正確な判断を行う。……といった知見が得られます。
例:どんな販促手段を使うのが有利か?
例:どんな販促手段を使うのが有利か?
個別の商品ごとにプロモーション状況を検討。費用配分やプロモーション内容を考える材料とします。
この例の場合、Web広告費の配分が多い方が有利に見えます。
各商品の属性やプロモーション状況を知り、さらに正しい判断を行います。
例:どの媒体の広告が効くのか?
例:どの媒体の広告が効くのか?
この例の場合、ブランドABCはチラシを除けばほぼ同じ効果を上げています。
一方ブランドDはこれらとは明らかに異なります。ブランドの位置づけが良くも悪くも違うようです。
さらにチラシの効果は全ブランドで異なります。流通やエリア、販促状況の差があると言えますが、チラシ内容を検討することが有効のようです。
例:広告が効くエリアはどこか?
例:広告が効くエリアはどこか?
エリアにより大きな効果の違いがあります。販促手段ごとの効果を確認して、地域に合わせた販促活動の配分を検討すべきです。特にエリア6では販促活動の効率改善が望まれます。
例:個別の販促手段の優先順位
例:個別の販促手段の優先順位
どの広告販促手段が効果が高いのかを計算することができます。 これを基に効率的な組み合わせと予算配分を考えることができます。 ただし、それぞれに効果増大が減衰し、頭打ちになるポイントがありますから、 それも考慮に入れて販促の効率化を考えることになります。
  • マーケティング関連情報収集・調査
  • ソーシャルリスニング
  • 自社Webサイト分析
  • 広告効果分析/ROI
Copyright (C) 2014-2016 Nihon Daily Tsushinsha Co.,Ltd.All right reserved.